Category:Mansei Bridge (1873)

See also Wikipedia article: ja:万世橋#歴史 and ja:昌平橋#沿革.
"歴史 [抜粋]
  • ja:1872年ja:明治5年)に筋違見附が取り壊され、翌ja:1873年(明治6年)にその石材を再利用して、筋違橋の場所にアーチ二連の石造りの橋が完成した。当時のja:東京府知事大久保忠寛が萬世橋(よろずよばし)と命名したが、次第にまんせいばしというja:音読みが一般化した。眼鏡橋とも呼ばれた。[1]
    • ... 昌平橋がja:1873年に洪水に流され、...現在の万世橋の位置に仮木橋が架けられ、それが昌平橋と呼ばれた。...[1]
    • ja:1878年(明治11年)3月1日 - 現在のja:万世橋付近に鉄橋昌平橋が架設される(有料橋)[2]
  • ja:1903年(明治36年)、一時昌平橋と呼ばれた仮木橋 [もしくは鉄橋昌平橋] の場所(現在の位置)に新万世橋が架け直され、元万世橋と名を変えた上流の眼鏡橋はja:1906年(明治39年)に撤去された。 ...[1] "
—Japanese Wikipedia: 1: "万世橋 § 歴史", 2: "昌平橋 § 沿革"

References edit

  • "フォトギャラリー" #1 in 哈日 杏子 [HARI Kyōko] (2004-01-06). 東京観光の新名所、赤レンガアーチの旧「万世橋駅」 (in Japanese). コラム, nippon.com. "1882年(明治15年) 「東京名所 内神田より萬世橋近傍一覧の図」(鉄道博物館所蔵)。旧万世橋駅周辺は、「筋違見附(すじかいみつけ)」という広場があった江戸時代以来、多くの人が行き交う場所だった。 [引用注1:筋違見附は筋御違門と筋違橋を含む見張り番所、広場とはその周辺の八ツ小路(または八辻ヶ原)と呼ばれたja:火除地] 1872年(明治5年)には初代の万世橋が神田川に架けられた [引用注2:jawp記事"ja:万世橋"によれば1873年 (明治6年) 萬世橋 (よろずよばし)]"
    (also available in: 简体字, 繁體字, FRANÇAIS, ESPAÑOL, العربية)

Further reading edit

an extreme hypothesis

Media in category "Mansei Bridge (1873)"

The following 3 files are in this category, out of 3 total.