Open main menu

Commons:ウィキメディア内のコンテンツを外部で再利用する

ウィキメディア内のコンテンツを外部で再利用する in other languages:

ウィキメディア・プロジェクトのサイト上にあるコンテンツのほぼ全てはウィキメディア財団が所有するものではありませんーコンテンツはコンテンツ制作者自身が個別に所有しています。しかし、ウィキメディア・コモンズにあるほぼ全てのコンテンツは、(多くの場合)特定の条件を守る範囲でフリーに再利用可能です。ライセンスにある使用条件と異なる使用方法を希望するのでない限り、作品の権利所有者(ライセンサー)から個別に利用許諾を得る必要はないでしょう。

  • オープンコンテントライセンス下にあるコンテンツはライセンサーに連絡することなく再使用することができますが、以下の点に注意してください:
    • 一部のライセンスでは、原著者・原画制作者を表示する必要があります。
    • 一部のライセンスでは、再利用時にどのライセンスかを明確にする必要があります(場合によっては、ライセンスの条件を記載またはリンクすることを含む)。
    • 一部のライセンスでは、あなたが作品を改変した場合、加えた改変にも同様に自由なライセンスを付与する必要があります。
  • パブリック・ドメインのコンテンツには、制作者表示に関して厳密な法的縛りはありません(再利用の法域にもよる)が、正確な来歴を提供するために制作者を表示することが推奨されています。

各ファイルに与えられた著作権やライセンス情報は正確なものであると見なされていますが、ウィキメディア財団は著作権状態およびライセンス条件の正確性について一切の保証をしません。コモンスのファイルを再利用する場合には、コモンズ以外の場所から入手する場合と同様、各ファイルの著作権状態はご自身で確認しなければなりません。

著作権以外の制限 もありえます。 たとえば、商標, 特許, 人格権, 著作者人格権, プライバシー権、その他、著作権とは異なり法域も多様な法的問題がありえます。

人物画像に関する注意事項: 画像の著作権について問題がないからといって、人格権著作者人格権および肖像権について使用許諾が得られているとは限りません。これらは国ごとの司法制度に依存します。人物画像の利用に際してはこれらの権利にもご注意ください。

ライセンス要件を満たすには

パブリックドメインにあると考えられるものを除いて、ファイル解説ページにライセンス全文へのリンクが提供されています。ライセンスによっては要件の要約も提供されています。法的な詳細についてはライセンス全文をお読みください。ウィキメディア財団および作品の制作者はからは法的な助言は一切できません。ご自身の状況においてライセンスがどのように適用されうるか知りたい時は、ご自身の法域における法律専門家にお問い合わせください。

ウィキメディア・コモンズのファイルを再利用するには:

  そのファイルが、あなたの目的にあったライセンスで提供されていることを確認してください。 たとえば、二次的著作物が同じライセンスで提供されることをライセンスが求めている(クリエイティブコモンズライセンスではこれを"Share alike(SA、継承)"と呼びます)ことが、あなたの目的には合わないかもしれません。

  • もしファイルが複数のライセンスで提供されているなら、その中のどのライセンスを選んでも構いません。どのライセンスもあなたの目的に合わないなら、コンテンツ制作者に連絡を取って特別の取り決めを交渉することもできます。それが無理なら、別のファイルを使わなければならないでしょう。
  • ライセンスと事実関係を確認してください。各ファイルに与えられた著作権やライセンス情報は正確なものであると見なされていますが、ウィキメディア財団は著作権状態およびライセンス条件の正確性について一切の保証をしません。コモンスのファイルを再利用する場合には、コモンズ以外の場所から入手する場合と同様、各ファイルの著作権状態はご自身で確認しなければなりません。
    • 注意事項: パブリックドメインの作品を複製して、自分自身の著作権下で再出版することが出版社によりよく行われています。これは法的に可能ですが、もともとの画像がパブリックドメインにあることにかわりはありません。出版社との争いに備えて、画像の由来(あなた自身がどこからその画像を入手したか、およびもともとその画像がどこから来るか)および原画制作者の名前をファイル解説ページに記すことを推奨します。

  著作権以外の制約を考慮してください: ある国々では、著作権以外の制約(inalienable moral rights and other restrictions)がファイルの一部の利用に適用されることがあります。例えば、人々の写真の商用利用は、撮影者の同意だけでなく、被写体となった人の明確な承諾が必要とされる場合があります(識別可能な人物の写真人格権について参照).

  利用する: ファイルをダウンロードもしくはリンクして、利用してください。(Commons:Reusing content outside Wikimedia/technical参照)

  表示: もし「表示」を求められているなら、表示してください。

  • もし著作権保持者(通常はコンテンツ制作者[1]) が表示方法を明確にしているなら、それに従ってください。もし著作権保持者が表示方法を明確にしていないのであれば、Commons:Credit line でやり方の案内を見てください。
  • 注意事項: 作品をウィキメディア・コモンズに投稿した人はは、原画制作者かもしれないしあるいは違うかもしれません (どこか他所からフリーなコンテンツをコモンズに投稿したのかもしれません)。どちらの場合でも通常は、原画制作者はファイルの概要の節に「作者」としてリストされています。もし投稿者がコンテンツ制作者でないならば、投稿者ではなくコンテンツ制作者がクレジットされるべきです。

  ライセンスの詳細を明示する: もし、ライセンスにリンクする、あるいはライセンスのコピーを表示することをライセンスが求めているなら、そうしてください。

  二次的著作物をライセンスする: もしあなたがファイルを使って実質的に新しい作品を創造しているなら("derivative work"参照)、そしてファイルのライセンスが二次的著作物を特定の方法でライセンスすることを求めているなら、それを確実に守ってください。

良く使われるライセンスの要件

パブリックドメインにあると考えられる素材を別にすれば、ライセンス全文へのリンクがファイル解説ページに含まれています。一部のライセンスは、要約文も掲載されています。法的な詳細については、ライセンス全文をお読みください。 ウィキメディア財団およびウィキメディア上のコンテンツ制作者はからは法的な助言は一切できません。ご自身の状況においてライセンスがどのように適用されうるか知りたい時は、ご自身の法域における法律専門家にお問い合わせください。

  文章

ウィキメディア・コモンズ上の文章は原著者が所有しており、クリエイティブコモンズ表示-継承 3.0GFDL のライセンス下に置かれています[2]

  画像やそのほかのメディア

ウィキメディア・コモンズにある画像やその他のファイルはなんらかのフリーなライセンスの下(通常は CC-BYやCC-BY-SA、GFDL;Commons:Licensing参照) 、もしくはパブリックドメインの状態にあります。メディアファイルのライセンス状況は、それぞれのファイルの解説ページに表示されています。
例外としては、ウィキメディア財団のロゴそのものやそのロゴを含むコンテンツがあります。そのようなコンテンツには注意書きがあるのでわかります。[3]

  Commons:Reusing content outside Wikimedia/licenses には、 CC-BYやCC-BY-SA、GFDL、GPL/LGPLのように良く使用されるライセンスの要件に関する案内があります。

ファイルの利用方法

ファイルのライセンス要件をどのように遵守するか決めたら、ファイルにアクセスして、ファイルをダウンロードするか、もしくは直接リンクして利用できます。

ダウンロードする場合

基本的な方法: On each image's file description page, there is a link to the full resolution version. Right-click this link and choose "Save as..." to download the full resolution file. (If you use a Macintosh computer, hold down the "control" key while clicking the link with the mouse, then choose "Save as....")

Hotlinking or InstantCommons: It is possible to use files directly on Commons within another website, by setting up a MediaWiki wiki with InstantCommons, so that Commons files can be used as easily as they can on Wikipedia. Directly using a Commons file via embedding its URL ("hotlinking") is also possible, but is not recommended. See Commons:Reusing content outside Wikimedia/technical. Additionally you should always check if the needs of the license used by the file are fulfilled if you use a file from Commons, since e.g. the CC-BY-SA 3.0 license requires that you attribute the author and licensor of a work in "reasonable to the medium or means" (license).


再利用の補助ツール

A tool is available to help you reuse files outside Wikimedia Commons, including downloading and creating attribution statements (credit lines). The tool requires

  • a browser other than Internet Explorer (eg Firefox, Chrome, Opera)
  • Javascript enabled
  • If you're logged in, Vector or Monobook skin enabled in your Wikimedia Commons user preferences. (Vector is the standard skin - if you've not changed this, your skin is Vector.)

The tool creates buttons above an image (if you're logged in), or to the top right (if not). For details see Help:Gadget-Stockphoto.

Attribution Generator

The Attribution Generator makes it easy to reuse images that have been released under Creative Commons licences on Wikipedia and Wikimedia Commons. It is designed to help comply with these license conditions and simplify the re-use of freely licensed images.


アップロード者または作者への連絡

フリーライセンスの要件を越えてコンテンツを利用したい場合、または著作権状態を明確に確認する必要がある場合、ウィキメディアのサーバーにコンテンツを置いた人物に助力を求めることができる可能性があります。投稿者の名前はファイル解説ページの「編集履歴」で確認できます。

アップロード者に連絡をすることで、ファイルの著作権状態や原著者・原画制作者についてより詳しく知ることができる場合もあります。原著者・原画制作者である場合は、追加の許諾を与えてくれる可能性もあります。サーバーに置かれているものよりも高解像度の画像を所有している場合もあります。

著作物を提供した人物に連絡をとるにあたっては、基本的にウィキメディア財団はお手伝いできません。ご自身で以下の方法をお試しください。

  1. 利用者ページに連絡先(名前、住所、電話番号など)を提供されている場合があります。
  2. 利用者ページのツールボックスにある「この利用者にメールする」のリンクをクリックすることで電子メールで連絡できる場合があります。
  3. 利用者ページの「会話」タブをクリックした後、「+」タブをクリックし、メッセージを書き込むことができます。書き終わったら保存してください(この方法の場合、あなたのメッセージは誰にでも見える形で公開されます)。
  4. フリーなコンテンツが他所からコモンズに持ち込まれた場合は、原典(例えば、Flickrページなど)へのリンクがコモンズのファイル解説ページに含まれていることがしばしばあります。原典にはコンテンツ制作者への連絡方法などの情報がより多く掲載されているかもしれません。

脚注

  1. 著作権の明確な引き渡しが無い限り、原著者・原画制作者が通常は著作物の所有者です。フリーなライセンスが作者表示を求める場合、オリジナルのコンテンツ制作者がクレジットされるべきです。
    • 文章: 文章の筆者はその文章をここに掲載した人です。"履歴" タブをクリックしてページの編集履歴を見てください。
    • 画像とメディア:
      • 画像やメディアの投稿者は、ウィキメディアのサーバにその作品を置いた人物です。
      • 投稿者は、原画制作者かもしれないしあるいは違うかもしれません (どこか他所からフリーなコンテンツをコモンズに投稿したのかもしれません)。どちらの場合でも通常は、原画制作者はファイルの概要の節に「作者」としてリストされています。
  2. 著者によっては自身の著作を追加のライセンス下に提供している場合があります。 ウィキメディア・コモンズ上の文章は原著者が著作権を持ち、クリエイティブコモンズ表示-継承 3.0GFDL でライセンスされています。個々人が自著作物の著作権を保持するので、彼らはその著作物を他のライセンスで提供したり、パブリックドメインに置いたりもできます。コモンズにおける文章では稀ですが。
  3. ウィキメディア財団のロゴおよび各プロジェクト(ウィキペディア、コモンズなど)のロゴは、全てウィキメディア財団が商標権と著作権を保持しています。これらロゴの他用途への利用は原則として認められていません。ただし、ウィキプロジェクトに関する報道での利用は特別に許可されています。各地域の「フェアユース」、「フェアディーリング」法理(例えば教育もしくは批評における利用)も使用する法域内では適用できます。その他の用途に関してはウィキメディア財団までお問い合わせください。

関連ページ

ヘルプ

ヘルプのご案内