Open main menu

Commons:ギャラリー

This page is a translated version of a page Commons:Galleries and the translation is 100% complete. Changes to the translation template, respectively the source language can be submitted through Commons:Galleries and have to be approved by a translation administrator.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎català • ‎corsu • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎português • ‎română • ‎中文 • ‎日本語

Shortcuts: COM:G· COM:GALL· COM:GALLERY

ギャラリーのページはウィキメディア・コモンズに掲出されたメディアに一定の意味付けをして構造化する役割があります。一般に、特定の主題に対してサンプルや、全体像を示したりするために作成されます。

ギャラリーを作る準備

新規にギャラリーを作成するには、次のいくつかの条件を盛り込みます。

1. 簡易型のギャラリーの場合、メディアを集めるためにギャラリータグを記入 (<gallery></gallery>)。 手順はMetaのヘルプをご参照ください。 構造をいくつか盛り込むには、複数の見出しを作りそれぞれに別個の<gallery>タグを置く構造を作ります。横幅が広い画像の表示には、一般に<gallery>タグよりも{{Wide image}}タグが使いやすいもの、<gallery>タグに附属する属性のうち、たとえば余白ゼロの配置<gallery mode="packed">は、幅の広い画像もうまく表示させる使い方ができます。

2. 当然ながら欠かせないのがメディア! (画像、音声、動画)

3. 主題のごく短い 説明文書 (必要な場合)

  • コモンズは百科事典ではありません。主要な目標は文章で 利用者に教育を行うことではありません。ウィキペディアは、もし利用者が被写体の記事を読みたくなった状況のためにあります。
  • コモンズは多言語制です。使いたい言語で投稿を認めています。ギャラリーの説明文の翻訳は、だれかほかの利用者が担当してくれるでしょう。ギャラリーに加筆するときは、そのことをお忘れなく。主題の大半は文がほんの1、2あれば十分です。

4. カテゴリ

  • ギャラリーには必ずカテゴリを指定します。ギャラリー名と同名のカテゴリ配下に置くか、もし既存のカテゴリがなければ、適合するカテゴリを指定します (詳細はCommons:カテゴリをご参照ください)。

5.Category linking

  • 利用者は、たとえばコモンズで主題検索をかけると、しばしば最初にギャラリーページを開くことがあります。そのため利用者に当該のギャラリーに含まれる画像は少数であること、コモンズにはもっとたくさんの画像があることを明示する必要があります。そこでお勧めする方法は、ギャラリーページの最上部にテンプレートの{{Gallery page}}を置き、画像の点数は特定のギャラリー内とコモンズ全体で異なることがわかるように示し、親カテゴリへのリンクを提供します。
  • 上記に加え、もしギャラリー内を小見出しで区切ってある場合は、利用者にサブカテゴリのリンクを提供すると親切です。適合するサブカテゴリが存在する場合は、小見出しの直下にリンクとしてテンプレートの{{Maincat}}を置きます。
  • たとえばLondonを主題としたギャラリーを作り「Big Ben」という小見出しを設けるケースでは、ページ最上部に置くテンプレートは{{gallery page|London}}、小見出し「Big Ben」の直下に置くテンプレートは{{maincat|Big Ben}}です。
  • もちろんすべての小見出しに対応するカテゴリが存在するわけではないので、適合するカテゴリがない場合には小見出し直下のテンプレートは不要です。

6. ウィキ間リンクをウィキペディアの記事に張る

  • ウィキペディアの記事とリンクさせるには、ウィキ間リンクがたいへん便利です。どんどん使いましょう。
  • 繰り返しますが、コモンズは多言語対応であり、「関連項目」あるいは「詳細」からウィキペディアの記事に張ろうとしても、ウィキペディアの言語版と1対1対応ではないから、うまく機能しません。すべての言語版にリンクさせたいなら、画面上で場所をとる代わりに、サイドバーにあるシステムを利用するべきです。

ギャラリー作成の基本の考え方は、ウィキペディアの新規ページの作成と共通しています。ウィキメディア・コモンズの「検索」ボックスにギャラリー名を入力し、「」ボタンを押した場合、まだ同名のギャラリーが存在しない場合はシステムが作成するかどうか問いかけてきます。赤字で表示されるギャラリー名をクリック、ページにギャラリータグ (つまりページ最上部でギャラリーページであると指定) と画像のファイル名を記入します。そのページの下部にカテゴリ名[[Category:ほにゃらら]]を記入します。ギャラリー名は自由に決められるものの、一般にカテゴリ名に準じて命名されます。表示の確認はプレビューを表示ボタンを押し、また全画面に戻って修正をしてプレビューを繰り返して、満足できる形にまとまったら保存ボタンを押してページを保存します。

その他の設定項目

主題に応じて、ギャラリーに含めたいと考える要素は他にもあります。ナビゲーションバー、分類ボックス、ウィキペディア以外の姉妹プロジェクトへのリンクなど、トピックに固有のものです。

主題によっては、コモンズのその分野に固有のWikiProjectが作成されている場合があり、Commons:WikiProject Tree of Lifeがよい例です。関心分野に特化したギャラリーを設置するため、独自のガイドラインを決めていることもあります。

命名規則

Commons:使用言語の方針も参照。

カテゴリの命名は規則に従いほぼ確実に英語を用いますが、それとは異なり、ギャラリー名はそれぞれの主題にもっとも適した言語で記述してください。人名、地名、美術品の題名、文物などが含まれます。より一般的な主題で特定の言語と強く結びつかない場合は、おそらく利用者が検索するときにもっとも思いつきやすい名称を命名します (英語使用者が多い点にご配慮ください)。ただしこのルールの例外として、通例、ラテン語の使用が一般的な生物などの主題は英語表記にしません。これはカテゴリの命名規則と同じであり、必ずカテゴリと同名にします。

ギャラリーを作成するタイミング

主題に固有のカテゴリがある場合も、わざわざ固有のギャラリーを作る必要はありません。それと同じで、主題に固有のギャラリーがあっても、わざわざ固有のカテゴリを作る必要もありません。カテゴリと目的が同一なら、わざわざギャラリーを作成してはいけません。しかしながら、既存のギャラリーを前記の理由で削除したり、「統合」したりしてはいけません。カテゴリは常にカテゴリでしかないとしても、ギャラリーにはさまざまな位置付けがあるからです。

ウィキペディアでは記事に「スタブ」という分類がありますが、コモンズにはありません。主題が有名だからとか、注目に値するからという理由だけで、ギャラリーを作成することは目指さないという背景があるからです。作成するには、独自の目的が必要です。画像が1点しか入っていないギャラリーも認められ、コミュニティが選んだ画像であることを強調する目的であれば、具体的には注目の写真、高品質の画像、または価値のある画像として選出された画像を強調する場合がこれに該当します。

リダイレクト

ページ名が他言語の場合は、特に、英語以外で命名されたギャラリーはリダイレクトの作成が推奨されます。また複数形の名詞を用いたギャラリー名も、単数形の名詞にリダイレクトがあると便利です。

Commons:Redirectも参照。

リダイレクトに役立つもの

ギャラリーとカテゴリを比べる

ギャラリーを考える場合の最大の課題は、カテゴリとの関連付けです。これら2つの体系は、しばしば表面上は互いに余剰であるように見えるものの、実態はそうではなく (またはそうあってはだめで)、共存できるものです。ギャラリーもカテゴリも、利用者がメディアを探す助けになるという同じ目標があり、それぞれが異なる方法で達成します。カテゴリには特定の主題に関連する「すべて」のファイルが必ず含まれるのに対して、その主題に関するファイルの「サンプル」を置く場所がギャラリーです。理想的にはギャラリーに最高のものを揃えます。すべてのファイルは必ず最低1つのカテゴリに属する反面、すべてのファイルをどこかのギャラリーに入れる必要はありません。

ギャラリーの長所

ギャラリーができてカテゴリには不可能なこともたくさんあります。ギャラリーでは画像単位でキャプションや情報を表示し、画像をまとめた節を作ることができます。ギャラリー内の画像の並べ方は時間順や所在地順、テーマ別など、意味を持たせることができます。あるいはギャラリーなら画質の悪いとかテーマから外れた画像を除外できるのに対し、カテゴリ単位で閲覧するとピンからキリまで混在していて、利用者がたとえばウィキペディアの記事の説明に使う良い画像を探している場合など、作業を妨げてしまいます。上位のほうのカテゴリに対応するギャラリーを開くと、さまざまな異なるサブカテゴリに属する画像が並ぶ可能性があります。今後、コモンズに登録される画像を視覚的に識別するため、ギャラリーを強力な内部ツールとして使うこともできます (たとえば特定の生物分類に属する特定の種、種の中の変種の識別。あるいは、ひとつの都市に存在するさまざまな礼拝所。または特定のウォーターフロントに存在する複数の桟橋。たとえば万博会場内の建物群など。)

ギャラリーの短所

特定のカテゴリに画像を新規に追加するほうが、特定のギャラリーに含めるよりも早く楽にできます。利用者は閲覧している画像のページから移動しなくても、カテゴリへの追加処理ができます。適切なカテゴリがあっても、適合するギャラリーが存在しない場合もあります。ファイルは、まだ存在しないカテゴリに配置することはできても、存在しないギャラリーに置くことはできません。カテゴリには関連のある画像が全点まとめられ、ギャラリーを作成するときに役立ちますが、この流れを逆にたどっても、ギャラリーに最上の画像しか含まれていない場合は、うまくいくとは限りません。同様に、探している画像のイメージが明確な利用者にとって、ギャラリーよりも、一般に選択肢が多いカテゴリから探すほうがよりよい結果が得られます。

統計

2019年1月付けの統計です。

  • リダイレクトがないギャラリー11万5,798件[1]に対してカテゴリ総数は734万5,227件[2]
    • 495件のギャラリーには画像がゼロ[3]
    • 2万960件のギャラリーには画像が1点か2点のみ[4]
    • 4万9,127件のギャラリーには画像が5点以下[5]
    • 2万3,102件のギャラリーは2018年1月以降、編集履歴がある[6]

過去の統計

2013年7月から9月の3ヵ月間の統計の概数です。 ギャラリー名前空間で発生したのは、

  • ボットではない編集は6000回。
  • CommonsDelinkerの編集は1500回。

チェックするSQLはこちら

関連項目

Citations