Open main menu

Commons:ライセンス・ロンダリング

This page is a translated version of a page Commons:License laundering and the translation is 100% complete. Changes to the translation template, respectively the source language can be submitted through Commons:License laundering and have to be approved by a translation administrator.

Shortcut: COM:LL

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎sicilianu • ‎suomi • ‎čeština • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎فارسی • ‎नेपाली • ‎मराठी • ‎မြန်မာဘာသာ • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

ウィキメディア・コモンズにおいて全ての作品は、著作権所有者によるフリーライセンスを付与し公開する必要があります。アップロードした人が著作権所有者でなければ、私たちは著作権所有者が作品を適切なライセンスで公開したのかどうか証明が必要になります。これは通常は電子メールで許諾を申請するか、著作権保有者のウェブサイトに声明文を公開で投稿して行います。

ユーザーは時として、フリーライセンスのもとで公開していると主張するウェブサイトから画像を入手してアップロードしますが、実際にはそうしたウェブサイト自体、無許可で(そして多くの場合は継承も表示せず!)画像を利用している場合があります。これをライセンス・ロンダリングと言います。この問題はFlickrPicasa Web Albumsのような写真共有サイトでは特によく起こりがちで、ユーザーによる投稿画像にフリーライセンスの指定を認めていることが原因です。入手先のウェブサイトは一見するとライセンスの「証拠」を提示したように表示されるため、ここでいう種のアップロードは著作権侵害の検出を免れてしまうことがあります。

ライセンス・ロンダリングの疑いがある場合は、元となったユーザーが著作権所有者だと主張していても、そのファイルは削除の審議にかけられるべきです。

歴史的に、これはFlickrで最も頻繁に起きているため、Flickrを経由したライセンス・ロンダリングのことを示す、フリッカー・ウォッシングという用語も良く見かけます。

ライセンス・ロンダリングの発見

ライセンス・ロンダリングを見つける方法は幾つかあります。最も簡単な方法の1つは画像検索です。表題や説明文のキーワード、 TinEyeGoogle 画像検索のような画像検索サービスを使って、元となった公式のウェブサイトが見つかるかどうかを調べましょう。出所が紙をスキャンしたものであっても、通常、出所を偽装したファイルはウェブ上のどこかで入手できます。

他の簡単な方法は同じページの中や元となったウェブサイトに掲載されている他の写真を調べることです。可能ならばEXIFメタデータも調べましょう。同じ時に同じ場所で、同じカメラを使って写真を撮影していますか?解像度や作風や技巧や品質は同じですか?もしくは写真ごとに激しく違いませんか?画像がごちゃ混ぜの場合、他の似たような画像が合法性を示していても、他人の画像を許可無く転載していることを示しています。

誰が画像をアップロードしたのか決めるために、元となったウェブサイトを調べましょう。Flickrのようなサイトでは、ユーザーのプロファイル情報を利用出来ます。そのような情報からアップロードした人や職業を特定するヒントを得ることが出来ます。もしファイルが高品質なら、アップロードした人はプロか熟達したアマチュアだと分かります。もしファイルがモデルや有名人を写しているのなら、アップロードした人は有名人と一緒に働いている人でしょう。

最後に、元となったウェブサイトに連絡して(Flickrユーザーの場合はメッセージを送って)、礼儀正しくどこから画像を取得したのか質問することは多くの場合、役に立ちます。多くの場合、画像を借りた人は実は自分は著作権所有者ではないし、どこかの画像をコピーしただけだと、喜んで明らかにするでしょう。

関連項目