Open main menu

Commons:巡回者

This page is a translated version of a page Commons:Patrol and the translation is 77% complete. Changes to the translation template, respectively the source language can be submitted through Commons:Patrol and have to be approved by a translation administrator.

Outdated translations are marked like this.

Shortcut: COM:PATROL

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Tagalog • ‎Türkçe • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎galego • ‎italiano • ‎magyar • ‎polski • ‎sicilianu • ‎suomi • ‎svenska • ‎русский • ‎українська • ‎հայերեն • ‎עברית • ‎العربية • ‎فارسی • ‎پښتو • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
Commons Patroller Icon.svg

「巡回者権限」 (patroller) とは、編集や投稿ファイル、ページの作成をパトロール済みとしてマークすることを可能にする権限です[1]。これは新しいページ新しいファイル巡回済みでない編集のバックログを減らすことを目的としています。それは荒らしではなくプロジェクトの守備範囲から外れたもの(あるいは差し戻しや削除される場合)にも該当しないことを、巡回者によって査読済みであることを他の巡回者に伝えるためにあります。

巡回者 (patroller) 権限を持つ利用者は、新しいページまたは新しいファイルの右下、また巡回済みでない版の差分表示では右側に、「[Mark as patrolled]」のようなリンクが見えます。また、巡回済みでないページはSpecial:NewPages黄色で強調されます。特別:新しいファイルの巡回済みでないファイルはマークされませんが、絞り込むことができます。巡回済みでない編集はその行頭に ! 「感嘆符」で明示されます。巡回者はそれらが私たちのプロジェクトの守備範囲に収まっているかどうかを見るために確認することになっています。受け入れ可能なページまたはファイルは巡回済みとし、受け入れ不可能なページまたはファイルは改善、あるいはそれが不可能であれば削除されるべきです。既定ではこの権限はどの管理者も与えることができますが、申請に基づいて十分信頼できる利用者に与えられます。Commons:Requests for rightsにて、特定の管理者に利用者権限について尋ねるか、権限を申請することができます。

Contents

巡回者の権限を持つ利用者の特別:新しいページの表示画面。巡回されていないページは黄色でマークされ、巡回済みのページは白くなっている。

巡回者の一覧は Special:Listusers/patrollerを御覧ください(現在 538人の巡回者がいます)。


新規ページを巡回済みにするには ?

 
矢印で示した場所が、新しく作成したページの巡回済みにするボタン。
 
「最近の変更」にある巡回済みでない編集は矢印に従って巡回済みとしてマークする。

Special:Newpagesの黄色で強調されたページはいずれもまだ巡回済みとしてマークされていません。これはまだ査読されていない可能性があることを意味します。ページを確認するときは、(a) ページに問題がないこと、 (b) 削除のタグを貼る前か後、これらの場合に巡回済みとしてマークすべきです。ページへの対処に自信がない時は巡回済みとしてマークしないで下さい。後で他の編集者が査読するでしょう。

ページを巡回済みとしてマークするには、単純にページの右下隅にある「[Mark this page as patrolled]」リンクをクリックして下さい。

巡回済みにすべきもの

  • ウィキメディア・コモンズにふさわしいもの

巡回済みにすべきではないもの

  • あなたが確証を持てないページ、および作者や投稿者以外の誰も存続を支持できないページ

編集を巡回済みにするには?

Recent changesから巡回済みでない編集の (差分) リンクをクリックします。差分表示の編集を査読して右手にある「[Mark this page as patrolled]」をクリックします。編集を査読済みとしてマークした後はページを閉じるか、(荒らし行為、またはそうでなければコモンズのガイドラインに反する投稿で)取り消しまたは巻き戻しの操作を行います。

差分表示ではリンクの色で会話ページが存在するかどうかを知ることができます。メッセージを残して差し戻した編集について利用者に知らせて下さい。Commons:Counter Vandalism Unit#Fileも参照。

ファイルを巡回済みにするには?

投稿されたファイルについてもその説明ページの下から巡回済みとすることができます。これはまだガイドラインが作られていない新しい機能です。

自動巡回者

Shortcuts
COM:AP
COM:Autopatrol
COM:Autopatrolled

「自動巡回者権限」 (autopatrolled) は巡回済みとしてマークする特定の利用者であるという点で巡回者 (patroller) 権限と似ています。唯一の違いは、自動巡回者には巡回済みとしてマークする権限がなく、自身が行った操作が自動で巡回済みとしてマークされるのみです。基本的にこの権限はページ、編集または投稿ファイルの巡回に必ずしも係わらないものの、他の利用者による巡回を必要としない高品質のページまたはファイルを作成する利用者に与えられます。これは特別:新しいページCommons:匿名の編集のバックログを削減します。この権限はウォッチリストが乱れることを低減するため、巡回を必要としない大量の良質な編集を行う利用者にも与えられます。

巡回者 (patrol) 利用者権限を持つ利用者は既にこの権限を持っていることから重複となるため、自動巡回者権限を与えるべきではありません。画像査読者 (image reviewers) 利用者グループのメンバーは自動巡回者 (autopatrolled) 利用者権限を持っています。

自動巡回者の一覧は,Special:Listusers/autopatrolledをご覧ください (現在5,954名の自動巡回者がいます)。

その他の情報

  • 全ての巡回についてのログは特別:巡回記録で閲覧することができます。これには利用者名、記事および査読された版が含まれ、利用者名または記事のタイトルで並べることができます。
  • 管理者ボットおよびAutopatrolledを持つ利用者によって作成および変更されたページは「(自動的に)巡回済み」として自動でマークされます。
  • 特別:新しいページに「巡回済みの編集を隠す」オプションがあり、既に査読済みのページを隠すことができます。
  • 数時間または数日以内の巡回済みであっても巨大なバックログとなります。ページは720時間(30日間)後に巡回済みでない一覧のキューから削除されます。
  • これらを頻繁に巡回する方向けに、それを補助するガジェットが利用できます。 (Popups および AjaxPatrolLinks)

CSS クラス

巡回済み編集に関連する3つのCSSクラスがあります:

  1. 特別:新しいページの巡回されていない記事用クラスとして.not-patrolledがあり、色盲利用者や異なるスタイルを好む利用者は、例えば自身の利用者CSSファイル.not-patrolled { border: 2px solid black }を加えることで、異なるスタイルに変えることができます。
  2. 感嘆符用のクラスとして.unpatrolledがあり、例えば.unpatrolled { display:none }最近の変更ウォッチリストから隠すことができます。
  3. 各新しいページの右下にある「ページを巡回済みとしてマークする」リンク用のクラスとして.patrollinkがあり、あなた自身の利用者CSSファイルでスタイルを変更することができます。例: .patrollink { font: bold small sans-serif}

注記

  1. 他のウィキメディア・サイトでの巡回について疑問をお持ちですか?全てのウィキメディア・サイトで完全な「最近の変更巡回システム」が有効になっているわけではありません。それが有効かどうかを確認するには、Wikimedia's settings fileの中のwgUseRCPatrol節を参照して下さい。ただし、英語版ウィキペディアはこの例外(Phabricator:T21309)で管理されており、$wgUseRCPatrol設定なしに自動巡回利用者権限(自動査読者)を実装しています。

関連項目