Open main menu
Under construction icon-blue.svg This page is not yet ready for use.

This page is under construction, or in the middle of an expansion or major redevelopment that started on 14 June 2019.
You are welcome to assist in its construction by editing it as well. For information on its status, please contact [[User talk:Omotecho (talk)|Omotecho (talk)]].

他の言語:

català | Deutsch | English | español | français | galego | italiano | 日本語 | polski | português | 中文 | +/−

Contents

ウィキペディアの「Help:映像ファイルの変換」、「Help:音声・動画の再生」も参照

ウィキメディアで扱えるビデオ形式ファイルは、Theora OggWebM 形式のみです。 WebM 形式が特に推奨されていますが、Theora 形式が利用可能である限り、既に存在する Theora 形式のビデオを不用意に変換しないでください。このページでは、それぞれの形式へ変換する方法やツールを紹介しています。

WebM 変換Edit

  • Wikimedia Labs (ビデオを WebM 形式に変換する Wikimedia ラボのツール。ウィキメディア コモンズの 統一ログイン Oauth を用いて認証を受けます。コモンズにアップロードするには、まずローカルにダウンロードします)
  • YouTube: YouTube には非フリーを含め、さまざまなファイル形式でアップロードできます。また適宜、編集した後に、WebM 形式でダウンロードできます。ダウンロードの手順についてはCommons:YouTube filesを参照してください。

Ogg-Theora変換Edit

今現在、様々なビデオ形式から、Ogg-Theora形式ビデオへ、変換するためのツールが数個あります。 しかしながら、ソース・ファイル(変換前のファイル)のファイル形式によっては(特に、デジカメで撮影したビデオの形式などで)、変換の実行で、out of syncのオーディオ・トラックへ誘導されてしまう場合がありますが、ほとんどの場合、まずソース・ファイルをMPEG形式に変換してから、その後Theora形式へ変換するという2段階の手順で、この問題を回避することができます。

まず初めに、ビデオ機材のメーカーが指定するオペレーディング・システムのツールを使った処理を要することがあります。それ以外の場所は、以下の中から変換方法を選んでください。

Ogg-Theora変換:マルチ・プラットフォーム向けEdit

ffmpeg2theoraEdit

ffmpeg2theoraは、おそらく最も知られたコンバーター(変換)ツールで、多種の異なるOSをサポートしており、Theoraプロジェクトで利用を勧めているツールです。

1.変換作業には簡単なコマンドライン・ツールを使い、変換するファイル名を入力します。

ffmpeg2theora ファイル名.avi

2.ほとんどの場合はffmpeg2theoraだけで変換ができますが、もし音声関連に問題がある場合には、前出のtovidを使った処理を試してください。オプションの指定は、もし低画質ビデオには-dvd-vcdを、画質が高い場合には-dvdを使います。

オプションの使用例: 

$ tovid -dvd-vcd -pal -full -in 変換前のファイル.avi -out 変換後のファイル
$ tovid -dvd -pal -full -in 変換前のファイル.avi -out 変換後のファイル

3.この手順で生成された「変換後のファイル.mpg」を、ffmpeg2theoraで処理します。

$ ffmpeg2theora 変換後のファイル.mpg

オプションについて詳しくは、ffmpeg2theoraサイトをご覧ください。

VLCメディア・プレーヤーEdit

VLCは、GUIを持ったメディア・プレーヤーで、変換機能も備えています。theora形式へ変換できますが、少なくともLinuxバージョンでは音声に関する問題が報告されています。もし変化後、音声関連に問題があった場合にはTheora形式へ変換する前処理として、手順の最初の、素材のビデオファイルをMPEG形式へ変換する処理を試してください。

XiphQTEdit

XiphのQuickTimeコンポーネントとは、MAC OSX (ver 10.3.9以降)やWindowsで動くQuickTime ProにOGGサポート機能を追加するものです。 コンポーネントをダウンロードしてインストールすると、「File→Export」ダイアログに、"Movie to OGG"オプションが新しく追加されます。

Ogg-Theora変換:MACユーザー向けEdit

SimpleTheoraEncoderEdit

現在、使用レポートを募集中です。このページに投稿をお願いします。

Ogg-Theora変換:Windowsユーザー向けEdit

Mediacoderの使い方Edit

MediacoderはGUIベースの無料のツールで、さまざまなコード形式に互換性があります。

RADツールを使うEdit

RADとはQuicktimeの動画をOgg Theoraビデオ形式に変換する方法です。2つの処理が必要です(1回で済めば理想的ですが。)

  1. RADビデオツール [1] をダウンロード
  2. Quicktime 代替コーデックを ダウンロードしてインストール
  3. Virtualdub をダウンロードしてインストール
  4. ffmpeg2theora をダウンロード
  5. RAD ビデオツールを使い、動画を Quicktime (.mov) から非圧縮 AVI ファイルに変換
  6. (オプション) 必要ならVirtualdub で先に編集し (たとえば「rotate」フィルタを使い動画の向きを補正) 、その後で非圧縮 AVI ファイルに変換
  7. 圧縮 AVI ファイルから Ogg theora 形式の変換には、ffmpeg2theora を使う

Quicktime Proを使うEdit

Quicktime Pro(配布終了)にエクスポート機能が付いている場合は、以下の手順で Quicktime 動画を変換します。

  1. まず MPEG-4 変換する。動画はパススルーで処理(リサンプリングしない。)
  2. 次に ffmpeg2theora, で変換するが、場合によっては変換する前のファイルのFPSレート(1秒間のコマ数)を上書きするために --inputfps フラッグの使用が必要。何度かテストして最適なレートを選びます。

ffmpeg2theoraの使い方Edit

ffmpeg2theoraの使い方動画

ffmpeg2theora の公式サイトでサンプルの「examples」を見てもさっぱりわからないユーザーはいるので、ヒントを書いてもらえると助かります。(利用者の投稿Jon Harald Søby \ no na 18:36, 1 September 2005 (UTC))

では、windows 環境で ff2mpeg を使ったビデオ変換を特別にまとめておきます。

(訳注:以下の解説は2005年時点の情報です。投稿者はPschemp 23:02, 25 February 2007 (UTC) で著作権の継承は→Raul654 19:45, September 3, 2005 (UTC) による英語版ウィキペディアの Media#How to use ffmpeg2theora ノートページ投稿となります。)

  1. ffmpeg2theora をダウンロードしてデスクトップに保存
  2. [start]→[run]とクリック
  3. 「cmd」と入力して[enter] キーを入力。ポップアップで黒い小窓が開く。これがコマンドプロンプト。
  4. Drag the ffmpeg2theora icon (the one on your desktop) into the window. The ffmpeg2theora's location will be copied into the command prompt window
  5. Click the window and hit the space bar once (to put a space an after the address)
  6. Drag the file you want decoded (let's call it xyz.mpg) into the command prompt window
  7. Click the command prompt window and hit enter
  8. Assuming you did everything correct, ffmpeg2theora will convert the file. The new location will be xyz.ogv.

ウェブ・オンライン・ツールを使うEdit

muxEdit


Windows 版ツールEdit

 
XMedia Recode - OGV 変換するツール
See above for multi-platform solutions. Frequent FFmpeg builds and a user forum are offered by zeranoe.
FFCoder

FFCoder (v2.2 BETA版、2013年2月) は FFmpeg と MEncoder 対応の.NET 2.0 フロントエンド。

Video to Theora

Video to Theoraは ffmpeg2theora 向けの AutoIt GUI です (バージョン 2.0は2013年公開)。

XMedia Recode

XMedia RecodeWebM project 推奨のツールです。インストーラはxmedia-recode.deからダウンロードします。携帯端末版もあります。

Windows PowerPoint

Windows PowerPoint ではデモ動画として音声入りの動画を録画し、mpeg4 形式にエクスポートが可能です。その後、利用者がビデオデータを加工(フレーム数の削減、音声や音響効果、字幕の追加など)できます。

Linux用のツールEdit

See above for multi-platform solutions.

マルチプラットフォームの編集用ツールEdit

 
mkvmerge を使って、動画を切り出し
Ogg Video Tools

Xiph 製 oggz tool とは Theora 形式ファイルを対象に、開始時刻と終了時刻を指定した「切り出し」あるいは分割、2本の Theora 形式エンコードのファイルの「合成」あるいは統合をするツール。

Ogg Video Tools というコマンドラインンツールは、OGG 形式ビデオの編集においてサイズ変更、分割と統合をサポート、また png 形式ファイルをスライドショーにまとめたり、.ogv 形式のファイルを使い音声や動画のストリームを統合したり分割したりできる。

Shotcut

Shotcut はオープンソースのフリーソフトで、WindowsとLinux、macOS 対応。基盤は FFmpegMedia Lovin' ToolkitFrei0rQtおよびICUその他OPUSサポートはバージョン14.11 (2014年11月) 以降。

WebM に mkvtoolnix を適用

WebM ファイルとは、いわば対応サブセットを利用し、複数ファイルを重ねた MKV (Matroska) ファイルとも説明できる。mkvtoolnix(全プラットフォーム対応の GPLv2)を使うと加工しやすい。2013年以降、WebM をコンテナに使って VP9 動画と OPUS 音声のサポートを開始。

OpenShot

OpenShot Video Editor は現行のすべてのぷラットフォームに対応するオープンソースの グラフィックなビデオ編集ツール 。編集の成果の ogv 形式 エキスポートに最適。画質を最高に設定するには、「All Formats OGG High」形式を選択。

Kdenlive

Kdenlive GNU/Linux、BSD、macOS 向けのオープンソースのビデオ編集ソフト。Windows 対応も追加。

関連項目Edit

題名のABC順

英語版

外部リンクEdit