Commons:ボット

This page is a translated version of a page Commons:Bots and the translation is 98% complete. Changes to the translation template, respectively the source language can be submitted through Commons:Bots and have to be approved by a translation administrator.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Canadian English • ‎Cymraeg • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Nederlands • ‎Scots • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎galego • ‎italiano • ‎magyar • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎svenska • ‎Ελληνικά • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎فارسی • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎中文 • ‎日本語 • ‎ꯃꯤꯇꯩ ꯂꯣꯟ

ShortcutCOM:BOTS

ボットについて · ボット使用申請 · ボット作業依頼  · バッチアップロード依頼
Gnome-system-run.svg
Wikicommons Bots.png

ボットとは?

ボットは反復的な自動タスク処理を効果的に処理します。ウィキメディア・コモンズでのボットは、具体的な目的に応じて作成され、実用的に使える物だけ選定されています。 一部のボットは toolservertool labs の上で動いており、他はボット運営者のコンピュータで動いています。

ボットの活動についての承認

ウィキメディア・コモンズで動かされるボットは、すべて事前の承認を要します。承認は、ボット・フラグを必要とするか否かにかかわらず、得なければなりません。

承認は、ボット使用申請に列記された仕事についてのみ与えられます(仕事は「画像の投稿」、「Informationテンプレートに対するローカライゼーションのための変更」など、かなり一般化したものでもかまいません)。 承認を得ていない別目的のためにボットを使用することはできません。もちろん、ボット運営者はわずかな変更を実施しようとするたびに再申請をすることは求められていませんが、ボットの機能を変更して何らかの有意な新しい仕事を実施するようにしたときには、新たな申請をするべきです。 ボットを動かすための承認を求めるときは、 Commons:Bots/Requests へお越しください。

ボットアカウント

ボットは、ボット運営者が一般的な編集に使用するものとは別のユーザーアカウントから動かされなければなりません。アカウントがボットアカウントであることを示すため、ユーザー名は通常、「Bot」という単語を含むべきです。

ボットアカウントの投稿にボット運営者が責任を持つことに変わりはありません。ボット運営者の名前は、そのユーザーページに、目立つように表記されていなければなりません。投稿ボットは、正確なライセンス情報を記入し、カテゴリー分けを行うこと(各ファイルは、その内容または機能を表す、少なくとも1つのカテゴリーに分類されなければなりません)が望まれます。 ボット運営者は、運営するボットによって過って引き起こされたあらゆる被害を、速やかに修復する責任を負います。ボット運営者は、ボットに関するユーザーの質問に自ら対応できること、そして発見されたバグを速やかに修正することを保証しなければなりません。 ボット運用者はセキュリティの高いログイン方法をご利用ください。

ボットアカウントは、ボットに与えられた仕事の範囲外の投稿に使用するべきではありません。特に、ボット運営者は、ボットに関するメッセージへの返信のためにボットアカウントを使うべきではありません。 ボット運営者は、ボットアカウントの議論ページを、自分のアカウントの議論ページにリダイレクトしてもいいでしょう。

半自動化ツール(例えばジャバスクリプトによるツール)は普通、ボットとはみなされず、別のアカウントは必要としませんが、一部のユーザーは、ボットによらない高速編集のために別のアカウントを使用しています。

ボットについての情報

ボットのユーザーページは、望ましくは {{Bot}} テンプレートを用いて、ボットがボットであることを明示するべきです。以下の情報が、そのページまたはそこからリンクされたページに明確に示されるべきです。ボット承認を求める前に、以下のすべての情報を記載していることを確認して下さい。

  • 作成者・運営者が誰であるかと、最良の連絡方法
  • ボットの仕事の詳細
  • ボットの動作が手動か自動か
  • ボットがいつ動くか(連続的、逐次的、あるいは特定の間隔で)
  • ボットの最大編集レート(例えば毎分の編集回数)
  • ボットが動作している言語またはプログラム

ボットのスピード

ボット運営者は、大量のリクエストを発したり高速で編集をするボットには、通常の人間の投稿者よりも大きな影響を与えている自覚を持ってください。そこでボットは編集スピードにおいて慎重であるべきです。緊急性のない作業を行うボットの場合、5秒間隔以下の頻度で編集するべきではありません。 緊急の作業を実行するボットの場合、たとえば荒らし行為の差し戻しなど、高速処理を認められます。フラッグを受けていないボットはウォッチリストに表示されるため、処理速度はフラッグのあるボットよりも遅いべきで、そうしないと高速の編集で利用者向けの各種のリストを埋め尽くす結果を招きかねません。

ボット・フラグ

すべてではありませんが、ボットの中にはボット・フラッグを立てる場合があります。フラッグの効果はボットの活動を非表示にすることで、対象は利用者のウォッチリストのほか、最近の更新新規の画像の一覧です。 この処理により、これらの一覧がボットの活動記録で埋め尽くされず、とくにボットが特定の期間に大量の編集と/もしくはアップロードを行う場合に有効です。 不活動を理由にボットのフラッグを除去する場合があります。

ボット・フラグは、効果的に信用のステートメントを示しています。つまり、「フラグ付きのボットは問題なく大丈夫だ」と信頼を置いているため、フラグ付きのボットによる編集処理は、ウォッチリスト(編集の経過観察)には表示されません。 従って、新しいボットは、しばらくの間、ボット・フラグなしの状態で動かすことが要求され、そのボットが正常に動作しているか観察されます。この"お試し(トライアル)"期間は、問題が発生した時に、議論したり問題解決を実施するために設置された期間なのです。

ボットのブロック

管理者であれば – 自動ブロックのオプション設定は不要 – 操作者がすぐに問題に対応できない状況でボットが異常処理をする場合は、どのボットもブロックできます。原則として未承認のボットはブロック対象ですが、実効性としてはボットが危害を加えない場合に限り、操作者にはボットの操作許可を必ず事後申請してもらいます。 もしボット申請の設定内容と明らかにかけ離れた作業をボットにやらせていると検知された場合は、操作者にはその新しい作業について、改めて新規にボット申請を提出していただきます。

ボット作成者・ボット運営者

ボットのユーザー・ページには、ボット運営者は誰なのか、最適な連絡方法と連絡先をはっきりと明記してください。ボット運営者には操作に関する全ての責任が伴い、そのボットの実行で操作ミスが発生した場合、そのミスを全て回復させる責任があることを自覚してください。もしボットがファイルのアップロード処理である場合、そのボット処理はアップロードのみならず、正しいライセンス情報を含み、その内容もしくは機能に適したカテゴリ最低1件に分類する処理も必要です。 もしサードパーティーにこれらの通知をする必要がある場合、もしくはボットのトークページにまったく通知を受け取らない場合は、そのボットを適宜、MediaWiki:Gadget-libCommons.js に記入するか、あるはだれかに{{Edit request}}を使って代行してくれるよう、トークページで依頼しこの文章にその投稿のリンクを書き込んでください。 [[Commons:Bots/ja#Notifications to upload bots]].

ボットのライブラリ

ボットの作成はおよそすべてのコンピュータ言語で実行できます。どの言語を選ぶかは、その作者の経験ごとに異なる傾向があり、自分が書き慣れたものや、実現したいタスクに使える既成のライブラリがあるかどうかで選ばれるようです。以下にボットのタスクに役立つライブラリを列記します。

申請すると便利なサービスを提供されるボット

  • ArchiverBot - は議論のページの過去ログ化を自動処理。
  • SpBot - は議論のページの過去ログ化を自動処理。
  • CommonsDelinker - はユニバーサルに画像を置換するためのコマンド操作を実行、あるいはカテゴリの移動・改名・追加の処理。
  • Rotatebot は{{Rotate}}テンプレートを付与された画像を回転
  • UploadStatsBot - 自分でアップロードしたり上書きしたり、削除したファイルの件数を常に更新。


運用中のボット

Active bots

Service bots Providing services on request to any user, via a standard request system

Extensions

File upload

Maintenance

User assistants


Edit Bots List